お知らせ/ブログ | 施工管理技士・建設技術者なら | 「合同会社新三企画」

  • お気軽にお問い合わせください
    TEL:0438-55-6488
    携帯:090-7213-0213
  • 千葉県木更津市金田東6-45-1

    お問い合わせ
お知らせ/ブログ news

施工管理技士の仕事とは?

施工管理技士の仕事は、様々な建設現場に必要不可欠となる仕事で、建設現場における様々な管理業務を行います。具体的には、建設現場などの工事現場で、その工事に関する施工や予算について、安全面について、公的な役所などに提出する書類の作成や、様々な諸手続きなど工事に関するすべてのことを責任を持って管理する仕事です。

よく同じと勘違いされることが多い現場監督とは、その役割がかなり違います。

現場監督は、工事現場内で働く作業員へ対して指示を出したり、工事の進捗状況の管理など、実際に工事が行われている現場の管理を行うものとなっています。

どちらも、資格がなくてもその業務に従事することが可能なので、未経験からでも経験を積んでいくことができる仕事です。

監理業務として建設現場の仕事で働きながら、さらにスキルアップを目指していきたいという場合、現場監督として対外的に証明できる資格はありませんが、施工管理の仕事は、施工管理技士という国家資格があるので、国家資格の取得を目指して日々の仕事に従事することで、より専門性の高い業務を行っているという証を手に入れることができます。

国家資格を取得し、施工管理技士として現場で業務を行うと、無資格で同じ業務を行うのとでは、お給料などの待遇面で違いが出るので、合同会社新三企画に在籍しているスタッフは、国家資格を取得し、第一線で活躍しています。

お問合せはこちらから