お知らせ/ブログ | 施工管理技士・建設技術者なら | 「合同会社新三企画」

  • お気軽にお問い合わせください
    TEL:0438-55-6488
    携帯:090-7213-0213
  • 千葉県木更津市金田東6-45-1

    お問い合わせ
お知らせ/ブログ news

高速道路で必須となる橋梁工事とは?

高速道路は一般道とは違い、様々な障害物を避けて道路を作らなければいけないため、橋梁を設置する必要があります。

道路を支えているのは橋脚と呼ばれる支柱です。
橋脚が等間隔で設置され、その上に道を作っていく形になります。

橋脚は鉄骨資材が骨組みとなり、その周りをコンクリート打設で固めてきます。
太さがあり、基盤がしっかりしていることが条件となり、根元の基礎部分は地中に埋まっています。

橋脚を設置できたら次に床版を橋脚にかけていきます。
床版はまだ道路ではありません。
床版に鉄骨を網目状に組んでいきます。
そこに生コンクリートを注入し、固めて表面をアスファルト塗装していきます。

最後に中央線、ドットライン、二重線、三重線などを状況に合わせて塗装します。
そして、標識や案内板、ガードレール等を設置し、ようやく高速道路が完成します。

ここまでの一連の流れを高速道路工事で行っています。

高速道路は今はだいぶ全国的に開通してきていますので、一から全て造るよりも、既存の高速道路に追加する形で延線したり、分岐を造る作業が多くなっています。

新三企画では全国各地の高速道路の新設、および増設管理に対応しています。
現在、作業員も募集していますのでお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから