お知らせ/ブログ | 施工管理技士・建設技術者なら | 「合同会社新三企画」

  • お気軽にお問い合わせください
    TEL:0438-55-6488
    携帯:090-7213-0213
  • 千葉県木更津市金田東6-45-1

    お問い合わせ
お知らせ/ブログ news

土木現場監督になるには

 

土木現場監督の仕事は、土木工事の現場でいかにスケジュール通りに工事を進行させていくかを管理、指導していくのが仕事ですが、ただスケジュール通りに工事を進行させればいいというものではありません。

・土木工事の品質や安全を確保すること
・最初に組まれた予算内で工事を遂行していくこと

なども行っていくので、大変な仕事です。この仕事は施工管理とも呼ばれていて、職人を始めとする土木工事に従事する人に対して指示命令を行うもので、現場作業を行うことは基本的にはありません。

 

そんな土木現場監督になるためには、高校または高等専門学校、大学の建築や土木関係の学科を卒業後に建築会社へと就職して現場監督となる人が多く、現場監督となるために2級土木施工管理技士や2級建築施工管理技士などを取得し、その後それぞれの1級の資格取得を目指し、現場監督になる人もいます。

土木現場工事をはじめとする建設業界では、人手不足が慢性化しているため、就職する企業によっては無資格の状態でも現場監督として採用されるケースもありますが、ある程度の知識・経験がなければ難しい仕事とも言えますので、土木現場監督として働きたい場合は、資格取得を目指すことをおすすめします。

 

「合同会社新三企画」は、高速道路建設・維持管理・設計などの職場へ出向、土木関係の設計などのコンサルティング業務を行っています。
現在、求人を募集しております。環境は良く収入面でも安心して働ける職場です。

日本全国の勤務地可能ですので、高速道路工事の仕事をお探しの方はぜひお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから